プーと大人になった僕

プーと大人になった僕

プーと大人になった僕 はコメントを受け付けていません。

私はこの映画の印象がとても強く残っています。

人生観を変えてくれた映画だと思います。

特に「何もしないは最高の何かに繋がる」という言葉が特に印象に残りました。

日々、いろいろなことが起こりますが、その時に自分のキャパを超えてしまうことがあります。

そんな時、プーさんが言っていたこの言葉を思い出すたびに、気持ちが楽になります。

過剰なストレスがかかってしまうと、どうしてもあれこれ先の不安を考えたり、過去の出来事にとらわれやすくなってしまいます。

「何もしない」と言うのは作為的に何かをやらないということだと思います。

なので、いつも今の自分でいて、ニュートラルな状態であり、何事にも捉われない心持が大切なのだと思いました。

日々、これを自然にできるようになれば一番良いのですが、平凡な日常生活以外のことが起こると、どうしてもこの思考が難しくなってしまいます。

しかし、本当はそういう時こそ、「何もしない」が大切なのではないかと思っています。

「何もしない」をやることで、何でもできるようになるのかもしれません。

人生をもっと心豊かで、穏やかにいきていくためには、さまざまなことに動じない強いメンタルも必要だと思います。

この映画を観て、私は改めて無駄に余計なネガティブなことを考えていたのではないかと思いました。

クリストファー・ロビンもいつも何かに追われている忙しい大人でしたが、プーと再会して子供時代の本当の自分に戻れたようです。

私もこの映画を観て、何にも捉われない自由な自分になり続けていきたいと思いました。

About the author:

Back to Top