コードギアスはストーリーも作画も全てが完璧だった

コードギアスはストーリーも作画も全てが完璧だった

コードギアスはストーリーも作画も全てが完璧だった はコメントを受け付けていません。

アニメコードギアスは多くの人が知っている名作アニメだと思います。私もコードギアスの1期、2期ともに全て見たのですがあれほど興奮しながらアニメを見たのは初めてでしたし、コードギアスほど何回も見たアニメはありませんでした。コードギアスは日本に住んでいる主人公のルルーシュがブリタニアという大国に対して、誰にでも一度だけ命令をすることができるギアスという特殊能力を使って戦いを挑んでいくというストーリーです。ルルーシュはギアスを使って、たくさんの人と協力したり利用したりしてブリタニアに挑んでいくのですが、その過程がとても面白いのです。敵を利用する場面や戦いの作戦を立てて、仲間と戦う場面など見ている人が驚くことをしてくるので、いつも早く続きが見たいと思ってしまいます。そして、最初から最後まで見ると一つの作品として完成されており、これほどまでにしっかりと構成されていて感動できるアニメはすごいなと思います。

また、コードギアスでは戦いにおいてロボットや機械などを使っているのですが、その戦いのシーンにおける作画がとても素晴らしいのです。かっこよくてワクワクするようなロボットのデザインは視聴者をひきつけますし、戦いにおけるスピード感溢れる動きやロボット同士がぶつかり合う激しい戦闘の作画は心臓がドキドキするような興奮を与えます。このように先が読めないくらいしっかりと構成されているストーリーと見ている人を惹きつける作画の両方がマッチングしており、一つの作品として完璧なものとなっているのです。

これだけでも名作と呼ぶにふさわしいアニメなのですが、コードギアスにはアニメならではの魅力があります。例えば主人公の周りのキャラクターが死んでしまうときの感動があります。主人公のルルーシュがブリタニアに挑んでいく中で、味方や友達が相手に殺されてしまうときもあります。そのとき、最初はどうでもいいと思っていたキャラクターであっても、音楽やセリフの演出が素晴らしくて、見ていて涙が出てしまうほど感動してしまいます。このような演出はアニメだからこその強みだと思いますし、この強みを最大限に活かしているということがコードギアスの素晴らしいところだと思います。コードギアスはあらゆる面から見ても素晴らしい名作と言えるので、ぜひたくさんの人に見てもらいたいです。

About the author:

Back to Top